エッセー 自然 【小池キヨミチ】

コロラド 写真家 エッセイ【小池 清通】
 写真への思い
 プロファイル
 分岐点
 コロラドプラトー
 写真とは
 オリジナルプリント
 写真集・書籍
 米国撮影ツアー
 アーカイブ
  撮影裏話
 エッセイ
 大自然に思う
 潜在的な力
 ひとりごと
 展示会・講演会
 連絡先
 リンク
 フロントページ
 ENGLISH PAGE

 自然から学ぶ潜在的な力の再認識 エッセー 自然 【小池キヨミチ】


世界不思議発見  写真撮影や自然との交わりの時間の中に思うこと

            1. ローテクの恩恵
            2. 感性とは
            3. 持続性が必要な意味
            4. 気力というもの
            5. 気配

            6. 観える音
            7. 限界の力
            8. 自然が教えてくれるもの
            9. フイルムとデジタル
           10. 周りにみえるもの

           11. 第六感
           12. ある画家に観た感性

 ローテクがハイテクよりも重要であることに気づく時代
 ハードよりもソフトの面の大切さを再認識するチャンス
 自動化が破壊する本能を守ろうとする動きが必要とされる時
 自然が崩壊したら自分たちも滅びる事実が導く危機感を知る

岩の表面が侵食されカビや苔が生えてキャンバスになる。シロクマが覗き込むようにして小宇宙を形成しているかのようである。

 (在米写真家: 小池キヨミチ - アメリカ合衆国コロラド州をベースにする写真作家)

 
ページのトップへ



写真作家 小池清通 コロラド事務所
「自然とつながる時」
Kiyomichi Koike Photography
10167 E. Fair Circle, Englewood, CO 80111-5448 USA
 TEL:720-489-9327 / Fax:720-482-9926 / E-mail: nature@usa-japan.com