イエローストーン国立公園 【小池清通】

写真撮影ツアー 【小池清通】ネイチャーフォト
 写真への思い
 プロファイル
 分岐点
 コロラドプラトー
 写真とは
 オリジナルプリント
 写真集・書籍
 米国撮影ツアー
 アーカイブ
  撮影裏話
 エッセイ
 大自然に思う
 潜在的な力
 ひとりごと
 展示会・講演会
 連絡先
 リンク
 フロントページ
 ENGLISH PAGE

 アメリカ世界遺産イエローストーン国立公園 (世界自然遺産)


  イエローストーン国立公園 【小池清通】

  1872年設立 イエローストーン国立公園    Yellowstone National Park


  アメリカ世界遺産イエローストーン国立公園の歴史と紹介:

  アメリカでは1800年代に広大な自然が与えてくれるビーバーなどの毛皮を獲り交易をする動きがありま
  した。また開拓パワーを駆り立てたゴールドラッシュが多くの山師たちを未開拓の地域に引き込みました。
  アメリカ合衆国の浅い歴史の中で一攫千金を当てようと命を賭けた人たちの力が、新天地発見や新しい
  地図の作成などに結果的に大きな貢献をしたことは見逃せない事実です。

オールドフェイスフルガイザー

↑↓ オールドフェイスフル・ガイザー (Old Faithful Geyser)
命名:Named by Henry D. Washburn, September 18, 1870
所在地標高: 2,240b (7,349 feet)
噴水の高さ: 32〜56b (106〜185 feet)
噴水頻度: 45〜125分おき

  イエローストーン地域にも多くのトラッパーと呼ばれる毛皮を目当てにしたハンターたちが住み着きました。
  しかし、1840年代後半毛皮交易が終わりに近づいた頃、この地域に居残った毛皮猟師たちの中にいた
  Jim Bridgerは時代の流れを察し、ガイドに転進しストーリーテラーとして活躍しました。当時彼の知識は
  高く評価され1859年のDr. Ferdinand Haydenを含むレイノルド探検隊のガイドとして随行しましたが、その
  過酷な天候条件の下で、この組織的に形成された最初のイエローストーン地域探検は失敗に終わって
  います。

  1850年代〜1870年代には、山師たちがイエローストーンに移り住みこの地域の名前を広めましたが、
  彼らの信頼性は毛皮猟師たちほどなかったようです。1863年にはWalter Delacy率いる山師たちがイエ
  ローストーン地域に賭けて入り、ショション湖 Shoshone Lake とルウィス湖 Lewis Lakeを含めた発見をし
  またイエローストーン地域の最初の地図を出版しました。1870年までにはゴールドフィーバーは冷め、
  大イエローストーン探検が始まりました。

  イエローストーン国立公園はアメリカで最初の国立公園としてユリシス・グラント大統領の署名によって
  1872年に設立されたました。アメリカ合衆国を含む北アメリカ大陸の中で広範囲に渡ってマグマ活動が
  地表面近くまで接近して続けられているこのカルデア地域には世界に存在するガイザー(間欠泉)の約
  3分の2近くが集結しているといわれています。大小、多種におよぶ多くの間欠泉の活動、変化、そして
  その美しさや神秘性だけではなく、地球というものの生き物が呼吸しているような生命性を感じるほどの
  偉大なるエネルギーを体感できるばかりでなくグリズリー (ヒグマの仲間)、バイソン(バッファローとも
  呼ばれている)、エルク大鹿、ミュール鹿、グレーウルフ (灰色狼)、キツネ、アライグマ、コヨーテなど
  また鳥類では渡り鳥として白頭鷲などの猛禽類、白鳥、アメリカホワイトペリカン、カナダ雁、カナダ鶴、
  なども季節に応じて出会える可能性があります。人間の知る限りの知識において管理されているこの
  国立公園には、最低限の道路システムが完備されており、ほとんどの観光ポイントには車で移動する
  ことができますが、原生地域にも幾つかのトレール(山道)がありアウトドア愛好家や探検精神を持った
  人たちの利用もあります。

 "There is something in the wild scenery of this valley which I cannot describe: but the impressions
  made upon my mind while gazing from a high eminence on the surrounding landscape one evening
  as the sun was gently gliding behind the western mountain and casting its gigantic shadows
  across  the vale were such as time can never efface.? For my own part I almost wished I could
  spend the remainder of my days in a place like this where happiness and contentment seemed to
  reign in wild romantic splendor" - Lamar Valley, Osborne Russell 1835

  国立公園が設立される前にこの地を訪れた人が残した言葉があります。言葉では表現することすら
  困難なほどの美しさと、自然の究極の魅力をオズボーン・ラッセルは感じたのではないでしょうか。

  訪問する季節によってで気温の高低があり寒い時期に見える蒸気も、夏の訪問では表情が変化したり
  して全く違った感性を刺激されるかもしれません。季節に応じた視覚的な美を大地が魅せてくれます。
  ノーリス間欠泉群 Norris では、公園内でもオールドフェイスフル間欠泉群地域と共に広範囲に渡って
  活発な間欠泉を見ることができます。吹き上がり溢れる温水の温度やそこの含まれるミネラル分により
  アラジーと呼ばれる有機体が繁殖し、鉱物の色だけに加えて様々な色を添えてみえるところもあります。

  

  ノーリス間欠泉群のトレールからは様々な躍動感溢れる「動き」が見れます。周りを取り囲むようにして
  吹き上がる噴煙(蒸気)とそのなんとも言えない力強い音を聞いていると「地球は生きている」という感覚
  同時に、自分自身の存在そのものを身体全体で体験する思いがします。熱い大地、という感覚が身体を
  通して何の理屈もなく、しかしながら力強く容赦ない現実として包み込んできます。

   

 "I sat there in amazement, while my companions came up, and after that, it seemed to me it was 5
  minutes before anyone spoke. Language is inadequate to convey a just conception of the grandeur
  and sublimity of this masterpiece of nature's handiwork" Artist Point - Charles Cook 1869

  アーティストポイントからみるイエローストーン渓谷 (Grand Canyon of Yellowstone) の眺望は見る者を
  魅了します。その黄色い地肌がイエローストーン独特の渓谷美を際立たせています。

   

  マンモスホットスプリングス。1年に30〜60センチ成長するといわれているテラスは訪れる度に成長を
  見ることができます。イエローストーン国立公園北部に位置し公園創設時に使われた軍隊の宿舎ビル
   などの歴史的建造物が、マンモスホットスプリングスホテルの近くに今も管理局事務所などとして残り
  当時の面影を残しています。

マンモスホットスプリングステラス

アッパーテラス

  

  オールドフェイスフル間欠泉群は、歴史的な建造物オールドフェイスフルインなどでも知られています。
  大小の間欠泉が集結していて、のんびりと歩きながら写真撮影や瞑想にふける楽しみ方もあります。
  常にお湯を吹き上げ、蒸気を出している間欠泉や数分おき、数時間おき、数日おきに吹き上げるものや
   多くのカルディアの魅力を目の前で観ることができます。ほぼ定期的にお湯を吹き上げることで知られる
   オールド フェイスフルガイザーの予定時間は、オールドフェイスフルインロビーの両脇の掲示板で表示
  されています。詳しくはレインジャー(管理官)を見つけて聞くのがいいと思います。

 Morning Glory Pool Castle Geyser

Beehive Geyser Riverside Geyser 

↓ キャッスル・ガイザー (Castle Geyser)  形状:Cone Geyser
命名:The Washburn-Langford-Doane Expedition on September 18, 1870
所在地標高: 2,235b (7,333 feet)
噴水の高さ: 27b (90 feet)
噴水頻度: 10〜12時間おき

  ローアーベイスン、ミッドウエイベイスン、ビスケットベイスン、ブラックサンドベイスン間欠泉群は前述の
  オールドフェイスフル間欠泉群の西側〜北西に延びる道沿いに横たわっています。天候や訪問時間に
  よって間欠泉たちの表情が変化します。


↓ グランド・プリズマティック・スプリング - Grand Prismatic Spring
排水量: 2,000g/分 (560 gallons/min)
水温:71℃ (160°F)
水深:49メートル (160 feet)

 

ミッドウエイガイザー群



  

 

大地が燃えるようにして湧き上がる
巨大なカルデアの中にいる自分
そのスケール感さえ把握できずに
間欠泉たちの想像を超える力を体感し
地球の鼓動に酔いしれる

  

  

   イエローストーン国立公園は単に世界遺産(世界自然遺産)に指定されアメリカ最初の国立公園として
   知られているだけでなく、火山学、地質学、生物学や生態学などの多くの分野でまだまだ解明されるで
   あろう地球の神秘を魅せてくれる貴重な場所でもあります。観光地化して観光シーズンには多くの人が
   訪れ、人間が多く入ることによって生じる弊害というものが今後も大きな保護政策における課題になり
   それとは関係なく進むであろう大地に変動と共に、我々人類に新たなるメッセージをも送ってくれると
   思います。なかなか行けない場所かもしれませんが、このウェブサイトが少しでもイエローストーン国立
   公園の参考になればと思い、多くの画像も含め紹介させて頂きました。

   写真作家として活動をしている中で、多くの仲間が作品を無料で紹介することを躊躇します。それは私
   たちがプロであり、写真を売ることによって生活を支えているからです。その点では著作権という形で
   作品の無断使用は法的に禁じられており、また使用者の良識と教養などが求められますが、これらの
   自然が魅せてくれる喜怒哀楽などを通したメッセージは、写真作家として少しでも多くの方々の目にとま
   らなければ意味がないと考えています。その点を理解頂いた上で私が意図的に画像を多く紹介している
   ことを認識しながら、私を圧倒し感動させた大自然のエネルギーを体感頂ければと思います。私にとって
   写真作家のプロフェッションとは、単に写真で収入を得るだけのものではなく写真を通じて社会貢献を
   することだと信じています。また、それが自然への恩返しにもなることを祈りつつ、今後も活動を続ける
   ことができればと願っています。

   小池清通


  ■ 撮影ツアーの案内

 

 
ページのトップへ

写真作家 小池清通 コロラド事務所
「自然とつながる時」
Kiyomichi Koike Photography
10167 E. Fair Circle, Englewood, CO 80111-5448 USA
 TEL:720-489-9327 / Fax:720-482-9926 / E-mail: nature@usa-japan.com