在米写真家 【小池キヨミチ】

コロラド 写真家 【小池 清通】- ユタ州キャニオンランズ国立公園内メサアーチ
 写真への思い
 プロファイル
 分岐点
 コロラドプラトー
 写真とは
 オリジナルプリント
 写真集・書籍
 米国撮影ツアー
 アーカイブ
  撮影裏話
 エッセイ
 大自然に思う
 潜在的な力
 ひとりごと
 展示会・講演会
 連絡先
 リンク
 フロントページ
 ENGLISH PAGE

Click for Denver, Colorado Forecast
 現在のコロラド時間・気温

  砂漠の魅力を伝える写真家 - 砂漠写真・砂丘写真


   在米写真家 【小池キヨミチ】

   砂漠というと灼熱の太陽に照らされて熱く燃え上がるようなイメージがあり、また極度な乾燥地帯
  ゆえ生命の欠片さえもみられない死の世界であるかのように思われることが多いと思う。しかしな
  がら、その実際の姿は色彩感覚を刺激するものであり、その環境に順応した動植物たちが他のどの
  土地でも同じように力強く息づいている。日中と夜の気温の差が激しく、季節によって方向を変える
  風が運ぶ砂たちが蓄積されて出来た巨大砂丘群が、景色という我々人間が感じる視覚的なフレームに
  起伏を与えている。   

   私がなぜ砂漠に魅せられたのかは、正直なところ分からないし思い出せない。数年に渡って脚を向け
  極限に近い与えられる状況の中で魅せられた情景や表情は数え知れない。同じ場所に通おうとも決して
  同じものはみせない大自然のスケールにはひれ伏さざるを得ない偉大さを感じる。そして、少しでも油断
  そして驕りをみせたら命を落とすであろう、と感じる周りの空気や風の動きには、先人が伝えてきた自然
  への畏怖と尊敬の念を再認識させられるだけの説得力を感じる。

   生態系というものの存在を意識しながらも、そこに足を踏み入れた途端に自分自身もその一部になる。
  その感覚は、そこに存在するもの全てと同等となり、「生死」の流れの中に身を投じていることを骨身に
  染み入るように至るものである。舞い上がる砂、降り注ぐ日差し、突然襲う雷雲。ふっと風が静まった時
  遠方で羽ばたく鳥の羽音が耳に突き刺さるかのように鮮明に入ってくる。また数キロ先でコヨーテたちが
  上げる遠吠えが、まるで目と鼻の先から聞こえるかのように入ってくる。風がさっと通り抜け、舞い上げた
  砂が積もり積もった砂の上に落ちる音がまるで視覚的に聞こえるかのように思え、自分のほんの小さな
  動きでさえ、音となって入ってくる。確実に動く心拍音が、周りの様々な音と交わり同化する時に、自分の
  存在そのものが何なのかと思えるような感覚と共に、自然とつながっている実感が湧き上がる。

   写真作家として何が伝えられるのだろうか。様々な技術や機材を使う表現もいいだろう。多岐にわたる
  文章表現によって表現するのもいいであろう。しかしながら、私は自分の感性を刺激する大自然の表情
  というものを写真撮影を通して撮らせてもらい、それらを作品として発表する際に、主観を押し付けない
  ことが、自然が私に与えてくれている気づきのチャンスを、それらをみてくれる誰にでも与えてくれると
  思っている故に、一方的な文章や副題による制圧は避けたいと思っている。また、そうすることが自然が
  我々に与えてくれた感性というものを活かす最善のことではないかとも考える。

   砂漠、そして砂丘での撮影は過酷な面がある。それは天候や気候が何のためらいもなく全てに平等に
  与えられるからだろう。そんなコンディションを素直に受け入れて、自然体というものをもって臨むことは
  写真作家という仕事を、大自然からのメッセンジャーのようにさえ感じさせてくれる。私が魅せられたもの
  感動させられたもの、引き寄せられたものなどを写真作品としてみるチャンスがある人たちは、それぞれ
  異なった感性をもって、私というフィルターを通して視覚的に届けられた作品からきっとその人たち独自の
  素晴らしい何かを感じることだろうと思い、願っている。

   いいものは少しでも多く人にみて頂きたい。自分に与えられたギフトを活かし、与えられた機会を
  最大に活かして精一杯活動、発表を続けていきたいと思っている。人生は出し惜しみをしているほど
  長くはない。身体が動くうちに、気力と体力がバランスよく息づいているうちに、前向きに元気に進む
  ことが私の最大の望みである。

   アメリカ中西部にはまだまだ大自然の営みや表情豊かな地域があるが、特にコロラド州の北に隣接し
  その北西部地域にアメリカの世界遺産(自然遺産)としても登録されている世界最初の国立公園がある。
  イエローストーン国立公園 (Yellowstone National Park) は世界の3分の2近くの間欠泉が集まっている
   巨大なカルデア地帯である。この「動」の魅力も大自然の姿の一つとして将来紹介できればとも思う。

   アメリカという国はでかい。北アメリカ大陸に存在する動植物は、この広大な土地に息づく。空も広い。
  在米写真作家として活動を続けながら、アメリカの写真で自然とのつながりを多く伝えたいと思っている。

 

 
ページのトップへ



写真作家 小池清通 コロラド事務所
「自然とつながる時」
Kiyomichi Koike Photography
10167 E. Fair Circle, Englewood, CO 80111-5448 USA
 TEL:720-489-9327 / Fax:720-482-9926 / E-mail: nature@usa-japan.com